一口馬主デビューまでのみちのり

今年から一口馬主デビューします。
勝つか負けるか、得するか損するか
見守って下さい。

セリで馬を購入した時の預託料

セリで馬を購入した場合の預託料について。
社台系牧場は7月のセレクトもしくは10月のオータムに馬を上場しています。


馬購入後の預託料は、牧場では12月までは1日3,240円(月97,200円)
1月からは11,880円(月356,400円)、
社台系トレセンは12,960円~14,580円(月39万円~44万円)
JRAトレセンは60~80万円


よって進退が決まる3才9月までは、
97,200×3+約50×21=1,079+治療費、装蹄費、輸送費、登録料、保険料などで
1,200万円が諸経費。馬代金が800万円として合計2,000万円かかります。


馬代金が安すぎる?JRAの馬主登録は無理なので、ダート向きの馬で
南関東競馬を目指します。


地元の育成牧場は1日7,400円なので150万円くらいは削減できるでしょうか。


社台RHの代表に聞いたら、外部の産駒、例えば外国で買って、社台で育成は今は受け入れていないそうです。セリで社台の産駒を購入すれば、計画しているのでもちろん育成はするし、外部に出してもいいそうです。


バックシートリズムの15が6億円稼げば可能でしょうか?


ハードルが高い。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。