スウィングビートG1優勝までのみちのり

初出資馬・スウィングビートがG1優勝するまでのブログです。

今年から一口馬主デビューします。
勝つか負けるか、得するか損するか
見守って下さい。

リオンディーズの損得

あれだけ活躍して、種牡馬になるんだから、得は得なんですが・・・
馬代金      12000万円
獲得賞金     13381万円
種牡馬売却代金  15000万円

だから差引+16381万円とはなりません・・・


獲得本賞金13041万円から進上金20%、クラブ手数料3%引かれ
10041万円になります。
種牡馬売却代金にはクラブ手数料40%引かれ9000万円になります。
ですので19041万円-12000万円=7041万円
それから2才1月から3才10月までの維持費32カ月分約1600万円でしょうか


そうなると5441万円を会員口数400口で割ると
募集価格30万円に対し、利益は13、6万円
入会金、月会費はおのおの違うので、省略


こんなに活躍したのに、たいして儲からない。なぜか?
種牡馬価格が低すぎで、手数料も高すぎ。
それぞれの言い分はあるでしょう。種牡馬のリスクもあります。
でも種付け料100万円で150頭分でしょ。


もろもろの手数料が取れるので、最初の馬代金が安いともいえるが
種牡馬売却代金を高くしてほしいものです。
そうしないと、一口馬主がはなれますよ。オイシクないから。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。