スウィングビートG1優勝までのみちのり

初出資馬・スウィングビートがG1優勝するまでのブログです。

今年から一口馬主デビューします。
勝つか負けるか、得するか損するか
見守って下さい。

海外遠征の是非

日本馬の海外遠征が多くなっています。

フランス、ドバイ、アメリカ、香港、オーストラリア


もうすでにJRAの海外遠征奨励金制度はなくなっております。

昔みたいに海外のG1賞金2600万円、JRAの報奨金1億6000万円なんて例はありません。


有力馬の海外遠征、経費は大体1回1000万円前後でしょうか?


今は国内の賞金も高くなり、秋のG1天皇賞(1着1億5000万円)ジャパンカップ、有馬記念(1着3億円)3つ獲得報奨金2億円(内国産)


秋3つのG1全部取れば9億5000万円。

凱旋門賞は3億5000万円前後、血統的に良くないと、仮に凱旋門賞取ったとしても、

ディープインパクトを上回る種牡馬の価値にならないと思います。

(日本にもいますでしょ、凱旋門賞獲得種牡馬が)


海外遠征行くかどうか位は、一口馬主にアンケート取るなどして、意見を聴いてほしいです。


一口馬主制度は、競走馬ファンドであり、監督官庁は金融庁、あまりに無謀な海外遠征は

指導が今後あるのでは?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。