スウィングビートG1優勝までのみちのり

初出資馬・スウィングビートがG1優勝するまでのブログです。

今年から一口馬主デビューします。
勝つか負けるか、得するか損するか
見守って下さい。

キャロットクラブの闇、現在JRA49連敗の訳。

やはり母優先制度の弊害でしょうか?


有力馬買えない代わりに、母優先制度狙いで牝馬買うでしょう。


多少弱くても、だいぶ弱くても、大変弱くてもクラブは繁殖あげます。


母優先で購入した会員から文句が出ますから。


母優先で牝馬買ったんだから、その仔当然買いますね。


有力馬買えない会員用ですから、もちろん高い種はつけないわけで、


弱い繁殖牝馬に、一線級ではない種牡馬をつけて、


負の連鎖ができあがるわけです。


100万円位の芝用種牡馬つけて、総額2,000万円以下で売る。


低価格帯専用新馬は1頭当たり平均1,200万円の位の利益が出ます。


40頭いれば5億円ですから。


やり方変えないとキャロットクラブはノーザンファームの


低価格帯専用クラブになっていきます。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。