スウィングビートG1優勝までのみちのり

初出資馬・スウィングビートがG1優勝するまでのブログです。

今年から一口馬主デビューします。
勝つか負けるか、得するか損するか
見守って下さい。

2口出資馬スウィングビート、無敗ロードリスタート

12月17日の500万下ダ1800M、2口出資馬スウィングビートは3番人気4着と敗れました。
調教イマイチで、先着したのはタイキフェルヴェール、ショーム、マイネルユキツバキと相手が揃っていましたね。


このレース後ビート君は左後脚球節が腫れて、山元トレセンに放牧に出ました。
山元放牧後20日で乗り出し、1ヶ月みっちり山元でトレーニングし、2月17日美浦に帰厩。


4月22日遅生まれのビート君。この放牧で見違えるほど成長したようです。
ビート君は坂路調教が苦手で、今まで坂路に入った39日中、2度坂路調教をしたのは1日だけでした。坂路ベストタイムも55.2(14.5) 40.7(13.7) 27.0(13.4) 13.6 でした。


今回2月18日から坂路に入り、14日中、2度坂路調教したのは10日。
ベストタイム53.0(14.4) 38.6(13.2) 25.4(12.6) 12.8 で自己更新しました。


血統・走法から芝でもいけそうなビート君。
17日土曜日の4Rダ1800Mに出走です。


パサパサのダートにならないよう、ずっと雨乞いしていました。
その甲斐あって、明日は関東雨模様。良馬場にはならないようです。
Tapit産駒中山ダ1800M今まで10戦未勝利。名馬はこういうジンクスを打ち破るものです。脚抜きのいいダートで、上がり37秒を切ること目標にビート君頑張れ。


「雨、雨、降れ、降れ、もーと降れ!」

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。