スウィングビートG1優勝までのみちのり

初出資馬・スウィングビートがG1優勝するまでのブログです。

今年から一口馬主デビューします。
勝つか負けるか、得するか損するか
見守って下さい。

DMMバヌーシーの概要が明らかになりました。手数料が高すぎるが1口だけもつなら面白いかも。全然ありです。

今日の20時から募集開始のDMMバスーシ。
一部の募集馬の価格明細が明らかになりました。1口だけ持ちたい
バヌーシーを共有したい人には面白いシステムです。


週4回動画配信が売りなのですが、情報料かかります。
ラヴズオンリーミーの2016の2016はセレクトで16000万、税込みで17280万円で落としていますが、まずこの金額が高いですね。(相手のいた事なのでしょうがないですが)


ラヴズオンリーミーの2016の産駆、1つ上の雄ジンゴイストは1億円。2つ上の全姉カデナダムールは5000万円、(いずれもサンデーR)いくら上にリアルスティール、ブロディガルソンがいるとしても、まず落札価格が高かった。
そのためかどうかノーザンFは引退時の買い取り価格を社台系クラブの10%ではなく30%にしています。
引退時買い取り約5000万円引いていますが、育成費、厩舎預託料、登録料、輸送費、保険料などはやや多めに見ていますが、これは最後に実費清算なので、よしとしても


バヌーシ独自の情報料、システム利用料、クラブ法人運用管理費、ファンド運用管理費、ファンド監査費、そして販売手数料(馬代金の4割!)


新規参入で、初期費用がどうしてもかかり、賞金の3%をクラブが取り、54か月分の諸費用が1億4300万円、1口月当たり264円。販売価格は1口31700円なので、そのうち普通のクラブで言うところの入会金・月会費相当が14256円そして預託費等が5364円、馬代金が引退時清算込みで12096円(多少の誤差はご了承を)


40口クラブに直すと馬代金302万円、預託費134万円、月会費・手数料相当356万円
合計792万円です。


馬代金はしょうがない、セレクトで買ったんだもの、預託費もしょうがない、実費だから。月会費とか情報料、こじはる、おぎやはぎのギャラが高い?
どこの一口会員クラブでもそうですが、複数頭数持てば会費は1人分ですが、バヌーシーは全部かかってしまう。


54か月分の会費・入会金等は3240×54=約20万円くらいでしょう
それを356万円かかってしまう。
もね何十万円も出したくない、有名な産駆のオーナーになりたい。
動画を見ながら割安で楽しみたいなら相当ありです。
馬代金以外の費用が1口たった19620円、月当たり363円で動画も見れて、成長が楽しめるんだもの。


社台系、キャロット、シルクに新規で申し込んでも、ディープの会員なれないでしょ。
妥協して、安い産駆のオーナーになっても活躍しないでしょ(例外はあります。)
情報だって全然ないじゃない、動画なんて、うちの産駆募集時と2回調教併入したのだけです。もう入会して1年たったのに年2回。


1口だけなら諸費用割高でも、月3240円よりはかからない。アプリで楽しめる、有名なバヌーシーに確実になれるでしょ。
これぐらいの費用なら、家族一緒に楽しめる。


一口馬主ってお父さん独走で、家族が全面協力って少ないですよ。あまりに高すぎて、活躍しないんだもの。自分の好きな馬買えないし。


だからこそDMMバヌーシー

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。