一口馬主デビューまでのみちのり

今年から一口馬主デビューします。
勝つか負けるか、得するか損するか
見守って下さい。

サラブレッドオークションとプロ馬主

社台RHでちょっと注目していた馬がいます。ラファータ号、G1馬の全妹です。
1400万円募集馬でした。一口35万円。


足もとが弱く、剥離骨折もして、デビュー2戦7、15着でタイムアウト。
サラブレッドオークションで税込421,400円で売られました。
買ったのは酒井孝敏氏、この方世間で言うプロ馬主なんですね。


足もとが弱く、繁殖牝馬として薦められてのサラブレッドオークション上場
それはプロ馬主の酒井氏、佐賀競馬で1月デビュー。今月は3回すでに走って
5,5,7着。獲得賞金合わせて7000円。たぶん今月もう1回走るでしょう。


狙いは出走手当、佐賀競馬では開催で最下位クラス1走目6万円、2走目から3万円出ます。
月15万円、調教師の預託料も13~17万円、他地区からの馬輸送補助金も6万5千円あります。
だから少しでも着を拾えば、馬購入代金を上回れば儲けになります。


ラファータの佐賀デビュー2戦目、8頭立て、酒井氏の馬が2頭、JPN技研が4頭、ホースケアが1頭、大体この3者がこのやり方のプロ馬主のようです。


いろいろ考えるんですね。僕も馬を見続けて30年以上。お金も少しはあります。



できるかも。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。