スウィングビートG1優勝までのみちのり

初出資馬・スウィングビートがG1優勝するまでのブログです。

今年から一口馬主デビューします。
勝つか負けるか、得するか損するか
見守って下さい。

40口クラブ会員の節税対策

もしオルフェーヴル並に出資馬が勝った場合、税金がどうなるか
夢想して、対策を練っております。


オルフェーブルは種牡馬買取価格21億円という噂です。(あくまで)
クラブ手数料40%で出資者には12億6000万円、一口3150万円


他にも収入があるので、所得税最高税率45%控除479万6千円
復興税加算2.1%、地方税10%で
一口だと税金は1272.5万、2口だと3034万円です。


他の産駒を買えば節税にはなりますが、減価償却は一般的には2歳4月から。
新馬は買えません。
楽天オークションで既存競走馬を買えば、2年が減価償却ですが、走るでしょうか?


1月の冬季繁殖牝馬セールで繁殖牝馬を購入すれば、繁殖牝馬の減価償却は6年なので、
1000万円の繁殖牝馬で166万円の経費削減。少ない。


あとは2歳3月のアメリカのトレーニングセール購入かその時点で残っているクラブ馬購入か。でも削減効果は2500万円購入で500万円くらいです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。